ピンキープラス 妊娠中

妊娠中は飲むのを控えましょう

ピンキープラスは妊娠中は控えた方が良い?

ピンキープラスは20代女性から50代の女性まで人気のサプリ
特に女性ホルモン分泌が減少する更年期の方にもおすすめなサプリです。
ですが「飲んではいけない人」というのは必ずあります。

 

例えば「生理中」
生理中はエストロゲン(女性ホルモン)が活発になるので
ピンキープラスを飲んでも意味がありませんし
ホルモンバランスが崩れるかもしれないので飲まない方が良いんです。

 

特に注意してほしいのは「妊娠中」
ピンキープラスを飲んで女性ホルモン分泌を活発にさせるのは
妊娠中は危険な行為!
妊婦さんは絶対に服用しないようにして下さい。

 

ピンキープラスには「妊娠中は医師に相談するように」とだけ記載されています。
実は“危険だ”と断定されるほど危険ではありません。
でもやっぱり母体と赤ちゃんのことを考えたら飲まない方が良いと思います。

 

飲んだ方が良いとすれば「産後」です。
産後は授乳期が終わるとどんどん胸が小さくなっていきます。
産後のバストアップ、バストケアとして飲むと
形が崩れずキレイなバストを保つことができます♪

副作用や害が起こらないように

妊娠中は副作用や害が起こらないように
ピンキープラスの服用は辞めておきましょう。

 

妊娠中って実は女性ホルモンが活発になるので
妊娠初期から後期にかけて徐々にバストアップしたという方がたくさんいるんです。
しかもしかも、出産した直後なんて授乳で胸がぱんぱんになって
サイズアップどころじゃなくなっちゃいますよ><

 

授乳中はもっと胸も大きくなるでしょうし
副作用を考えたら別に妊娠中に飲む必要はないんですよ。
できれば授乳が終わってどんどん萎んでいく産後に
ピンキープラスを飲み始めてバストアップケアをしていきましょう!

 

 

妊娠中のバストは2カップも3カップも変化する可能性があります。
特に産後は2カップ以上小さくなってしまう可能性もあります。
そう考えたら妊娠中に大きくしといて産後にもっとしぼんでしまうよりも
現状を維持して産後からケアを徹底した方が効率が良い気がしませんか?

 

【こちらもおすすめ】→ピンキープラスの副作用って!?

ホーム RSS購読 サイトマップ